研究発表会

日程:平成30年(2018年)3月27日(火)

会場:東京工業大学大岡山キャンパス 西8号館E棟 W833講義室

住所:〒152-8552 東京都目黒区大岡山 2-12-1
アクセス:http://www.cs.titech.ac.jp/howtoreach-j.html


開催趣旨

第130回情報基礎とアクセス技術研究会 (IFAT) は,第108回ドキュメントコミュニケーション研究会と合同で開催します.

テーマ:「人間関係を育む文書と壊す文書」に関する処理技術および一般

文書とは,送受信者の合意に則って,何らかの資料価値や速報性を持った情報を格納したまま高速で移動する飛翔体です.飛行速度と方角を計算して受信者の枕元へ正確に着地させるためには,相手を敬う心,礼儀作法,日頃の感謝,そして何よりも良好な関係を保ちたいという一握りの素直な気持ちが大切です.しかし,人間関係を維持する努力に比べて,破壊は遥かに簡単です.「場違い」や「分不相応」な文書が持つ計り知れない破壊力を誰しも一度や二度は体験したことがあるはずです.相手に対する忖度の欠如から,「人間関係」という名の切断面を無理矢理に貼りなおす羽目になるのは,明日のあなたかもしれません.

今回の研究発表会は,「長期的で良好な人間関係」を築いて育むための文書編集を中核に据えて,応用技術の開発やその基礎となる言語分析やリテラシ教育などに関する幅広い内容の研究発表を募集します.

  • テキストが持つ攻撃性,丁寧さ,忖度などの数値化
  • 文書の送受信における場違いや分不相応の数値化
  • 文書送受信者の関係推定
  • 立場に応じたビジネスメールの推敲支援(謝罪,抗議,反論など)
  • 砕けた言葉遣いやスラングのように過剰な難解語の簡易化および正準言語への翻訳
  • テキスト読後における快・不快の推定(うわべだけの謝罪など)
  • 違法性が高い迷惑行為の数値化(欺瞞レビューや剽窃など)
  • 言語分析やリテラシ教育:研究対象の事例をいかにして集めるか?
  • その他,上記の趣旨文に合致すると考えられる内容

DCおよびIFATが取り扱うテーマもいつも通り歓迎します.

みなさまの積極的な投稿をお待ちしております.

申し込み

発表申込締切: 2018年2月5日(月)2018年2月12日(月)(延長しました)
原稿締切: 2018年3月5日(月)

原稿ページ数制限予定: 6~8ページ
発表時間予定: 1件25分 (質疑応答を含みます.)

発表申込方法:
 下記URLより必要事項を記入の上お申し込みください。
 https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IFAT

照会先:藤井 敦(東京工業大学)
E-mail: /fujii/cs/titech/ac/jp (一番左のスラッシュを削除,二番目をatに残りをドットに置き換えてください.)

【発表申込みに関する補足】
  • 受け付けは先着順で行なっております。締切間際になりますと、申し込み件数によりましては次回のワークショップならびに研究会にまわって頂くようお願いする場合がございます。申し込みを予定しておられます方はなるべく早めにお申し込み下さい。
  • 締切り後の発表キャンセルは原則としてできません。発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合にはなるべく早くご連絡ください。発表申込後、学会が提示する原稿提出締め切りまでに原稿が到着しない場合には、学会の判断により発表を取り消しさせていただくこともあります。
  • 論文提出締切後の原稿差し替えはできません。
  • 最新情報は下記URLをご覧ください。

  情報基礎とアクセス技術研究会
  http://ipsj-ifat.org/